耳鼻咽喉科 / 音声外科 / リウマチ科 大阪梅田

ENGLICH

menu

ウェブから予約

ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴療法・ビタミンC注射について

高濃度ビタミンC点滴療法は、ノーベル賞を2度も受賞されたライナス・ポーリング博士らが、「ビタミンCで癌が治る」ことを発表した1970年代から行われています。そして、癌が治るだけでなく人の身体にとってさまざまな効果が発見されたのですが、しばらくはあまり注目されませんでした。ところが、2005年にアメリカ国立衛生研究所(National Institute of Hearth: NIH)、国立ガン研究所、そして国立食品医薬品局などの施設からビタミンCが癌細胞に効くメカニズムに関する論文が発表されて以来、再び注目され、米国の大学病院などで臨床試験が行われるようになりました。そして、現在ではアメリカやカナダで多くの医師たちにより高濃度ビタミンC点滴療法をガン患者に行うようになっているのです。大北メディカルクリニックでは1998年よりこの点滴治療を採用し、今ではQOL(生活の質)を高めるため、また抗炎症治療のために有効な治療として行っております。ただ、点滴治療には時間と費用がかかってしまいますので、より簡易でリーズナブルな治療をご希望の方にはビタミン注射も行っています。

高濃度ビタミンC点滴療法による効果、効能について

なぜ、ビタミンCを摂取するのに口からではなく注射や点滴が望ましいのでしょうか?それは人には口から胃を通り、腸を通じてビタミンCが体に入ってくるときには最高3g程度までしか入ってこないという性質があるからです。またビタミンCは大量に摂取しても、吸収が悪く、すぐに排泄されてしまいます。そこで、点滴を使うことでビタミンCの血中濃度を普段の20~40倍以上に増やすことができるため身体全体にビタミンCが行き渡りやすく、高い効果が期待できるのです。

高濃度ビタミンC点滴療法による効果、効能について

  • ・疲れが気になる
  • ・風邪をよくひくようになった
  • ・がん予防を考えている
  • ・老化を遅らせたい
  • ・歯周病が心配
  • ・うつ気分が抜けない
  • ・免疫低下を感じる
  • ・活性酸素を除去したい
  • ・インフルエンザ予防
  • ・シミや肝斑が増えてきた
  • ・肌に透明感が欲しい
  • ・毛穴の開きが悩み
  • ・ニキビや肌荒れが気になる
  • ・肌のシワが増えてきた
  • ・髪にコシ・ツヤがなくなった
  • ・寝起きが悪い
  • ・アトピーを改善したい
  • ・タバコを吸う
  • ・お酒をよく飲む
  • ・ストレスが溜まりやすい
  • ・屋外にいることが多い
  • ・日焼けをしたので、早くもとに戻したい
  • ・運動をしたあとの疲れが抜けない
抗酸化作用
細胞を攻撃する活性酸素から守り、体の酸化、身体のサビ「酸化」を防ぐことで若々しさや健康が維持しやすくなる。
疲労回復効果
ビタミン剤の経口内服に比べ血中濃度を上げやすくなるため細胞の新陳代謝をより高めることができるので疲労回復がしやすくなる。また、日々のストレスの積み重ねから発生する活性酸素も抑えやすくなるため強い体をつくられる。
免疫力向上
体内に侵入するウィルスや病原菌を排除する「白血球機能」が強化され免疫力が高まる。
癌予防
1970年代より癌予防にビタミンCの効果は証明されていたが、この高濃度ビタミンC治療では体内の抗酸化作用が高まり癌細胞の発生を抑え、超高濃度ビタミンC治療では癌細胞を殺しやすくなります。
皮膚・粘膜の性状改善
ビタミンCの美白効果は昔から証明されていますが、皮膚のメラニン色素をコントロールすることで単に色を白くするだけではなく皮膚のコラーゲンやエラスチンの性状を高めます。このためシミ、そばかす、肝斑、シワを改善する効果とともに皮膚全体の性状も整えます。また粘膜の性状も高まるために口の渇きや胃腸の不安定な状態も改善し、歯周病などの病気にも効果的です。
超高濃度ビタミンC点滴に用いるビタミンC製剤について

当院で超高濃度ビタミンC点滴に用いるビタミンC(アスコルビン酸)製剤は防腐剤不使用のアイルランドで製造されたMylan社製のものです。新鮮で最高品質の状態でアイルランド工場から厳重な保冷コンテナで空輸しています。
アメリカやカナダで実施している超高濃度ビタミンC点滴療法の臨床試験に唯一採用された製剤です。

超高濃度ビタミンC点滴、ビタミンC注射の実際

1.問診
初診時に医師が問診を行いビタミンC点滴、注射の適応を確認します。
2.G6PD検査
超高濃度ビタミンC点滴にはG6PD欠損症(ビタミンを大量に点滴すると貧血を起こす可能性のある疾患)の有無の確認が必要ですのでこの検査を受けていただきます。(料金10,000円:保険適応なし)
3.実際の治療

G6PD欠損症が無い場合はビタミンCを25g以上用いた超高濃度ビタミンC点滴を受けていただけます。

治療を受けていただけない方は?

  • ・G6PD欠損症の方
  • ・活動性のある心不全のある方
  • ・腎不全があり透析治療を検討、導入されている方

副作用

超高濃度ビタミンC点滴療法は重篤な副作用が少ないのが特徴とされていますが、考えられる副作用としては血管穿刺部分の痛み、頭痛、吐き気、また脱水、低血糖時の震えなどがあります。これらの症状は点滴中であれば、点滴速度をゆっくりとすれば解決しますし、また点滴後であれば時間経過に伴い改善いたします。

料金について

3,500円~15,000円(健康保険の効かない自費診療です。ビタミンCの容量に応じて料金が変わります。)